学生生活(学生課)

キャンパスライフ 休学・復学・退学

休学

休学とは病気・留学その他の理由で、長期にわたり大学の学業を離れることです。休学すると自動的に卒業年度が延期されます。休学希望者は、指導教員・保証人に相談のうえ所定の手続きを行ってください。

休学期間

1回の休学は1クォーター以上4クォーター以内(法学研究科・法務研究科の大学院生は1学期以上2学期以内)です。

休学期間の上限

学部生 通算4年間
大学院生(修士課程・博士前期課程・専門職学位課程) 通算2年間
大学院生(博士後期課程) 通算3年間

休学の申請期限

休学を希望するクォーター(または学期)の開始日の前日(事務休業日を除く)までに、休学願の提出が必要です。休学の申請は、事前に指導教員の了承を得る必要があります。

「2021年度休学申請期限」 学部生、法学研究科・法務研究科以外の大学院生

第1クォーター休学 2021年3月31日17:00
第2クォーター休学 2021年6月3日17:00
第3クォーター休学 2021年9月14日17:00
第4クォーター休学 2021年11月16日17:00

「2020年度休学申請期限」 法学研究科・法務研究科の大学院生

春学期休学 2021年3月31日17:00
秋学期休学 2021年9月14日17:00

在籍料

休学期間中は、授業料等の学納金が全額免除されます。ただし、在籍料として1クォーターにつき25,000円の納入が必要です。

法学研究科・法務研究科の大学院生については、在籍料として1学期について50,000円の納入が必要です。

提出書類

  • 「休学願」「保証人の理由書」
  • 「診断書(病気の場合)」
  • 「休学中所在連絡票(海外渡航する場合)」

手続きの流れ

  1. 指導教員・保証人と相談する(休学をすることについて了承を得てください)。
  2. 学生課窓口にて「休学願」等を受け取る。
  3. 申請期限までに学生課窓口へ「休学願」等を提出する。
  4. 教授会・研究科委員会で審議される。
  5. 教授会・研究科委員会で承認後、本人へ休学許可通知を郵送される。

注意事項

  • 休学は復学をすることが前提の制度となります。休学をしたまま卒業・修了を迎えることはできません。卒業・修了を希望しているクォーター(学期)は絶対に休学をしないようにしてください(必ず在学をしている必要があります)。
  • 1年生の春学期(第1クォーター・第2クォーター)からの休学は、特別な事由がないかぎり、認められません。
  • 原則、訂正印による訂正は認められません。休学願の作成にあたっては、慎重に記入をお願いいたします。
  • 「1年間の休学」をする場合、通年科目の継続登録が可能な場合があります。詳しくは、休学前に教務課で確認してください。

復学

休学期間が満了すると自動的に復学となります。ご自身で履修登録等の手続きを進めるようにしてください。

退学

病気その他の理由により、やむを得ず退学する場合は、大学学則第30条・大学院学則96条により退学の願い出をすることができます。指導教員・保証人と相談のうえ、所定の手続きを行ってください。 また、大学学則(第31条第1号、第34条第3号)・大学院学則(第106条・第109条第3号)および南山大学授業科目履修規程(第27条)・南山大学大学院法務研究科履修規程(第26条)に該当する場合、退学を命じることがあります。

退学の申請時期

退学の申請は、退学を希望するクォーター(法学研究科・法務研究科の大学院生については学期)の末日(事務休業日を除く)までに申請の必要があります。退学の申請は、事前に指導教員の了承を得る必要があります。

「2020年度退学申請期限」 学部生、法学研究科・法務研究科以外の大学院生

第4クォーター末退学 2021年3月31日17:00

「2021年度退学申請期限」 学部生、法学研究科・法務研究科以外の大学院生

第1クォーター末退学 2021年6月3日17:00
第2クォーター末退学 2021年9月14日17:00
第3クォーター末退学 2021年11月16日17:00
第4クォーター末退学 2022年3月31日17:00

「2020年度退学申請期限」 法学研究科・法務研究科の大学院生

秋学期末退学 2021年3月31日17:00

「2021年度退学申請期限」 法学研究科・法務研究科の大学院生

春学期末退学 2021年9月14日17:00
秋学期末退学 2022年3月31日17:00

提出書類

  • 「退学願」「保証人の理由書」
  • 「診断書(病気の場合)」

手続きの流れ

  1. 指導教員・保証人との相談する(退学をすることについて了承を得てください)。
  2. 学生課窓口にて「退学願」等を受け取る。
  3. 申請期限までに学生課窓口へ「退学願」等を提出する。
  4. 学生証、貸与PC一式(貸与PCを借りている場合)を返却する。
  5. 教授会・研究科委員会で審議される。
  6. 教授会・研究科委員会で承認後、本人・保証人へ退学許可通知が郵送される。

注意事項

  • 退学の日付は、退学が認められたクォーター(学期)の末日となります。
  • 退学者は、再入学を志願することができます。再入学に関しては、大学学則第26条・大学院学則第97条および学生懲戒規程第10条に定められています。
  • 原則、訂正印による訂正は認められません。退学願の作成にあたっては、慎重に記入をお願いいたします。

ページトップへ